《 ミャンマー国 ヤンゴン市長 》
  • HOME
  • REPORT
  • 《 ミャンマー国 ヤンゴン市長 》
  • 《 ミャンマー国 ヤンゴン市長 》

BERTは海洋からの災害支援を本格的に企画推進し始めました。

世界の大型災害は、月日を追うごとに多発化しています。
2050年には「大型台風」の数は減少するものの、数が少なくなった分だけ「超大型」の台風になるだろうと気象庁は発表しています。

『地震』『台風』『高潮』
これらの災害の多くは沿岸部に集中すると予想できます。
その時の支援物資の配送や緊急医療体制の確保など、求められるステージが、6年前にBERTを発足した時点とは、もはや異なる次元に突入しています。
東日本大震災をきっかけに、地球環境が一足飛びに、悪化する方向に移行し始めた感があります。

従来の「防災体制強化」の必要性は言うまでもありません。
しかしそれだけでは、来たる大型災害の多発化に対応すべき、
『未来防災』の備えは万全ではありません。

私たちBERTは、いつも10歩100歩先を見据えて行動し続けなければなりません。
先駆者の苦労は「理解を得乍ら進む」ことが叶わない点にあります。
いつも人々の「理解を超えた準備を し続ける必要性」が、
BERTをBERTたらしめるからです。

現在、準備している海洋からの災害支援船も、人々に理解されるための行動ではなく、『未来防災』の備えを万全にするための策のひとつです。

種子は求められるところで華を咲かす。と言います。
『未来防災』も求められる所が活かされる場所なのです。

ヤンゴン市長の Phyo Min Thein さんと、BERTを代表して話しをして下さったのは、副大統領ファミリーの Khua Lian Kam さんでした。カムさんに感謝します。

https://www.facebook.com/ChiefMinisterOffice.YangonRegionGovernment/posts/1667275150013401

検索