《 防災研修について語り合う 》
  • HOME
  • REPORT
  • 《 防災研修について語り合う 》
  • 《 防災研修について語り合う 》

矢掛高校の教頭先生と防災担当の先生と。

年に一度の既存の防災訓練を、勉学に影響しないプログラムで、年に数回開催し、防災を通じて共助の姿勢を学ぶことから、若き生徒たちの社会貢献する意識を高めることは出来ないものだろうか。

地域社会を愛するチカラを育めば、人格形成に役立ち、教育現場の本筋となる、人材育成に繋げることが出来るのではないだろうか。

アプローチの方法は沢山あるが、生徒自身が、学んでみたいと興味を持って参加する、防災プログラムに仕上げなければなりません。

教育に携わる先生方との基本的な共通認識の擦り合わせは、初回の話し合いで行なうことが出来ました。

1日も早く、未来防災と言う、まだ知り得ない災害に対処するチカラを、夢の未来に向かって生きる若い生徒たちにプレゼント出来るように形づくりましょうと、熱く語り合いました。

19437590_1390756867683339_6800682797856811370_n

検索