《 被災地で活躍したKLX125 》
  • HOME
  • REPORT
  • 《 被災地で活躍したKLX125 》
  • 《 被災地で活躍したKLX125 》

《 被災地で活躍したKLX125 》_01

BERT KLX125 災害支援

作成: 山本 秀光 · 約1ヵ月前に更新 · 広安小学校で撮影被災地医療支援で熊本県益城町の広安小学校入りしていたAMDAからの要請で4月29日~5月4日まで調整員(BERT第2陣)として現地に入りました。今回現地入りするにあたり川崎重工様よりKLX125二台と用品(ヘルメット、グローブ)を寄贈して頂きました

現地の状況も考慮してタイヤがチューブ式のため、技術指導部の提案によりパンクをしにくくするため、パンク修理材の充填もして頂きました。色々とお気遣いありがとうございました。

※AMDA(アムダ)とは…相互扶助の精神に基づき、災害や紛争発生時、医療・保健衛生分野を中心に緊急人道支援活動を展開。

世界30ヵ国にある支部のネットワークを活かし、多国籍医師団を結成して実施しています。

現地の様子

一番被害の大きかった益城町地区は電気以外のライフラインが復旧しておらず、その中で多くの方が避難生活をされていました。

物流自体は再開しており、コンビニ、ドラッグストア、ホームセンターも営業していました。

避難場所近くのコンビニは商品が無くなることなく補充されていましたが、少し離れたコンビニは営業時間が16時、18時と短縮されており、食べ物の品数も少なかったりのところもありました。

《 被災地で活躍したKLX125 》_02

《 被災地で活躍したKLX125 》_03

《 被災地で活躍したKLX125 》_04

《 被災地で活躍したKLX125 》_05

《 被災地で活躍したKLX125 》_06

《 被災地で活躍したKLX125 》_07

《 被災地で活躍したKLX125 》_08

《 被災地で活躍したKLX125 》_09

《 被災地で活躍したKLX125 》_10
《 被災地で活躍したKLX125 》_12

《 被災地で活躍したKLX125 》_14

検索