チャンピオン達の夜明け
  • HOME
  • REPORT
  • チャンピオン達の夜明け
  • チャンピオン達の夜明け

オートバイチャンピオン達の夜明け

BERTはバイクライダーが中心になって活動を始めました。

そしてその大半は一般のバイクライダーが、自己変革や社会改革を目指して活動を行ってきました。

社会的なその渦に巻き込まれて著名なレーシングライダー達も参画をし始めています。

BERT(バート)は、2011年3月11日の東日本大震災をきっかけに活動を始めた、民間レベルの緊急災害対策チームである。

大災害発生直後の5日間は、家屋の倒壊や土砂崩れで道路が寸断され、四輪車で救助に駆けつけることが難しい。そのような困難な状態でも機動性を活かしたオートバイならば、医師や医薬品、食料や物資を被災地に運び込むことができる。

その利点を最大限に活かした活動を、全国的に組織だって行おうと呼びかけたのが、1977年ロードレース世界チャンピオンになった片山敬済(かたやま たかずみ)である。

呼びかけに賛同した12名の理事役員には、全国オートバイ協同組合連合会AJの会長である吉田純一を始めとする各界の有志が名前を連ねている。

活動を始めたその後も著名な友人たちが趣旨に賛同して参画、アメリカのインディーカーで活躍を果たした松下弘幸、カワサキの開発ライダーで世界グランプリ出場経験を持つ清原明彦、元県会議員でモトクロスチャンピオンの経験を持つ杉尾良文らが顧問に就任している。

上の写真は、清原明彦、藤本泰東、亮明、塚本昭一、山田保、片山敬済:敬称略

検索