災害時のマニュアル
  • HOME
  • REPORT
  • 災害時のマニュアル
  • 災害時のマニュアル

20150102 災害時のマニュアル

 

昨年作成したBERTナレデックスは、関西広域連合の防災監より指導して頂いた、「やってはいけないこと」を基本に作成してきた。

写真のマニュアル本は、被災地に赴く前の準備から、被災地での行動指針、他国籍団体との協同ワークに至るまで、詳細に記載されている国連とJICA の二つのマニュアルだ。

航空パイロットのフライトマニュアルもそうだが、非常時にマニュアルを開けなくても行動できる様な

指針を作り上げたいとBERTは願っている。

確かに「口で言うは易し、行いは難し」だが、目標を掲げ、行動を起こさなければ達成はあり得ない。

事を起こす前に、難しいからと諦めるのではなく、難しいと分かっても、やるべき大義があるならば、突き進むことで得られることも多いはずだ。

もとより、民間の国際災害対策チームの結成は、決して安易な道程ではないと知っていた。

だからこそ成功させる意義もあるというものだ。

安易に得られる目標を達成して結果を多く残せても、達成感は薄いと私たち皆が気付いている。

だから、此の道に入り、この道を歩んでいく。

このハードルの高いBERTの社会貢献活動が、即ち自身の存在意義に応えてくれることをどこかで知っているからだろう。

今年も裏方仕事を続けて、昨年以上に地固めをして行きたいと願う。

 

 

検索