「笑って遊ぼうミキランド」って?
  • HOME
  • REPORT
  • 「笑って遊ぼうミキランド」って?
  • 「笑って遊ぼうミキランド」って?

miki_02

“笑って遊ぼうミキランド”は『来る災害に対する準備』として企画された防災イベントです。

5月20日には兵庫県防災公園で3千名を超える人々が、11月24日には三木市市役所前駐車場で2千名の人々が集まる啓蒙イベントを開催させて頂きました。

兵庫県庁、三木市役所等々多くの後援と支援者たちを得て、地域住民が主体となって実行委員会を設立し、実行委員長の森田優が中心となり運営開催致しました。

笑って遊ぼうミキランド

“笑って遊ぼうミキランド”の特徴は、従来の防災イベントには見られなかった幼児とお母さん方の参加が目立ち、地域に根付いた「楽しく継続できる防災啓蒙イベント」に仕上げたことだと言えます。

2度のイベント開催による事業収益は「東日本の被災地支援義援金」として全額寄付させて頂きました。

この年、BERT(バート)が最初に参加した防災啓蒙イベントは、1月17日「HAT神戸」にて兵庫県が主催した阪神淡路大震災のメモリアルイベント。

全国オートバイ協同組合連合会AJ、兵庫県二輪自動車協同組合、特定非営利活動法人BERTの3社で被災時に役立つオートバイとして、被災地支援を行った実物のオートバイや、東日本大震災支援の様子を撮したパネル写真を並べた展示ブースの開設。防災啓蒙イベントでは、東日本大震災1周年の3月11日に芦屋市役所等の後援を得て、芦屋防災公園にて芦屋市民まつり協議会と共同開催させて頂きました。

検索